粉骨をするとカビが生えたりしませんか?

火葬場では非常に高温で焼骨となるため、火葬直後のご遺骨はほぼ無菌状態でカビの胞子なども存在しません。ただ、カビは酸素と湿気があれば簡単に生えるものですのでその後の保管状態によってはカビが生えてしまいます。ご遺骨にはカビの栄養となるような成分はないのですが、直接触れたり、骨壺を開けたりするとその際にカビの栄養となるような成分が付着することがあので注意が必要です。
ご遺骨の保管場所は湿気の少ない風通しの良い場所で、直射日光が当たらない場所が良いでしょう。室内で結露しやすい場所やカビが生えやすい場所がわかっている場合はそのような場所を避けるのが無難です。
粉末化したご遺骨も同じですが、粉末化すると粒子の間に湿気が入りやすいことは否定できません。そこで、カビが成長できないように酸素と湿気を遮断した状態で保管するのが良いでしょう。弊社の粉骨サービスでは粉末後のご遺骨をUV殺菌処理後、真空パックにしてお手元にお届けしています。真空パックを破かなければ安定した状態で長期保管できます。

誰もが安価に選択できる葬送の方法を模索中です。また法律・条例や社会的ルールが向かうべき方向についても日々勉強しています。