INORI(いのり)のサービスや散骨・粉骨に関するよくあるご質問をまとめました。
質問をクリックすると回答が表示されます。

≪目次≫

散骨に関するルールやマナーについて

結論から言うと、現在の法制度の下では、散骨は違法でも合法でもない状況です。問題となる法律は、「刑法」の死体損壊罪(遺骨遺棄罪)と「墓地、埋葬等に関する法律」ですが、法務省も厚生労働省も、節度をもって行われる葬送としての散骨を違法として取り締まるという姿勢は示していません。実際、多くの方が散骨を行っており、有名人の中にも散骨によって送られた方々が多くおられます。
大切なことは、法律が保護している「国民の宗教感情や死者への敬虔感情」や「公衆衛生」に反しない節度のある方法で散骨を行うことです。また、法律に反しないとしても、散骨場所周辺に暮らす人々の感情、自然環境などにも十分配慮する必要があるでしょう。また、他人が権利を有する土地で勝手に散骨を行うと民事上の損害賠償を追及される可能性もあることには注意が必要です。さらに、各自治体が散骨に関して独自の規制を行っている場合もあるので、散骨実施場所のある自治体には事前に問い合わせて確認をしましょう。
弊社が行う海洋散骨代行サービスでは、法律の趣旨に従い、また他の人々に影響を与えないように、散骨を行う際の基準を設け、節度を持った方法で散骨を行っておりますのでご安心ください。
尚、散骨に関係する法律知識や条例に関する詳しい解説は、「散骨をする前におさえておくべき法律や条例の知識」をご覧ください。


散骨は、「刑法」や「墓地、埋葬等に関する法律」に抵触しない方法で行う必要があります。また、散骨場所周辺で暮らす人々への配慮や自然環境保全の観点から守るべきマナーもあります。これらの観点から、散骨を行う際に守るべき注意点は以下の通りとなります。
1. 遺骨は1片が2ミリメートル以下になるまで粉砕すること。
2. 承諾なく他人が権利を有する土地で散骨しない。
3. 河川や湖沼など水源となる可能性のある場所で散骨しない。
4. 住居・海水浴場・観光地・漁業権などに影響のない沖合で散骨すること。
5. 墓地以外の場所では遺骨に土などをかけず地表に撒くだけにする。
6. 葬送の目的をもって常識的な方法で行うこと。
7. 喪服の着用は避け、お経や線香などをあげない。
8. 自然にかえらない物は撒かないこと。
9. 遺骨に含まれる六価クロムによる環境汚染を防ぐ。
10. 自治体の条例で独自規制がないか確認する。
弊社が行う散骨代行サービスでは、上記の注意点をすべてクリアした方法で散骨を行っております。お客様ご自身で散骨を行われる場合もこれらの注意点を参考にしていただき、節度のある方法で実施していただくようお願いいたします。なお、弊社の粉骨サービスではご遺骨に六価クロムが含まれているかどうかを検査試薬にて確認し、含まれている場合には無害化処理を標準で行っておりますので自然環境に関しても安心です。
散骨に関するルールやマナーについての詳しい解説は、「散骨をする前におさえておくべき法律や条例の知識」をご覧ください。


ご遺骨を粉骨しないでそのまま散骨してはいけません。
刑法190条は、死体損壊罪の一種として「遺骨遺棄罪」を定めていますが、遺骨を粉骨しないでそのまま散骨するとこの遺骨遺棄罪に該当すると見られる可能性があります。非公式見解ながら法務省は「葬送のための祭祀として節度をもって行えば違法ではない」との見解を出していますが、「節度をもって」といえるためには他の人の目に触れたときに遺骨とわからない程度に粉砕する必要があります。粉骨しないでそのまま散骨してしまうと、他の人が目にした際に「何かの事件ではないか?」と思う可能性もあります。
また、粉骨しないで散骨してしまうと、ご遺骨が自然に還るまでに時間がかかります。かといって土をかけるのは墓地以外に埋葬を行うことを禁じた「墓地、埋葬等に関する法律」に違反します。土に埋めない以上、早く自然に還すためには粉骨することが欠かせないのです。
なぜ散骨前に粉骨しておくべきなのかについての簡単な説明は「散骨時に遺骨を細かく粉骨する必要があるのはなぜなのか。」という記事にあります。また、散骨時に守るべきルールやマナーについての詳細は「散骨の法律や条例の知識 ~散骨時の注意点やマナーを知るために~(2017.12最新 詳細版)」をご覧ください。

サービス内容について

現在のところ、ご遺骨の直接のお持ち込みは受付しておりません。
弊社への送骨は、弊社からお届けするゆうパックを利用した「送骨キット」でお願いしております。

Tag: 遺骨

弊社では粉骨作業へのお立会いは承っておりません。
粉骨・散骨のためにお客様から一時的にお預かりするご遺骨の保管場所や粉骨作業場所については、セキュリティの関係上非公開とさせていただいております(なお、本社住所ではご送骨の受取りや保管、粉骨作業等は一切行っておりません)。
お客様からの大切なご遺骨をお守りするためですので、何卒ご理解ください。

Tag: 粉骨

散骨日をご指定いただくことはできません。
弊社では海洋散骨代行サービスを安価にご提供するため、一定数のご遺骨が集まった段階でまとめて散骨を行わせていただいております。そのため、お申込み時に散骨日の目処をお伝えし、ご遺骨お預かりから1ヶ月以内に確定的な散骨日を改めてお知らせすることとしております。
詳しくは、「海洋散骨代行サービス内容・料金・ご利用方法」をご確認ください。

Tag: 散骨

弊社の粉骨サービスでは、他の方のご遺骨が混ざることはありません。粉骨に使用する機材はご遺骨一体の粉骨作業ごとに分解し、ネジや分解に使用する工具なども含め丁寧に洗浄・乾燥してから使用しています。

Tag: 粉骨

焼骨には、ご遺骨以外に一緒に火葬に付されたもの(金属類等)の燃え残りが含まれています。弊社で粉骨をさせていただく際には、目視にてご遺骨以外の混入物を除去させていただいておりますが、完全に取り切れるとは限りません。またご遺骨に炭化した部分がある場合などは、これを取り除くことはいたしません。したがって、ご遺骨が完全に「真っ白」になるということはないものとご理解ください。
また、弊社では粉骨を白くすることを目的とした洗浄は行っておりません。水などによる洗浄ではご遺骨の細かい部分が流出してしまう可能性が否定できないからです。出来る限りご遺骨を失わないようにする弊社の考えに基づくものですのでご理解のほどお願いいたします。もちろん、ご遺骨ではない「汚れ」については手作業によって除去をしております。
粉骨後のご遺骨の色は、自然な白色から灰色がかったものまでございますが、きれいな白色になることも多いです。ただ、弊社では粉骨後のご遺骨の色までは保証いたしかねますのでご了承ください。

Tag: 粉骨

ほとんど失われることはありませんが、粉状となったご遺骨のほんの一部が逸失してしまうことは否定できません。
弊社の粉骨サービスでは、ご遺骨を細かいパウダー状にさせていただいております。作業工程では、可能な限りご遺骨の飛散を防ぐ措置を行っておりますが、物理的に空気中に飛散してしまうご遺骨があることは否定できません。弊社では作業員の健康や周辺環境への配慮のため、集塵設備にて室内の空気清浄を行っておりますので設備内にご遺骨が入ることはご理解ください。また、粉骨を行う機材からのご遺骨は可能な限り徹底して回収しておりますが、目視できないような細かい箇所に粉状のご遺骨が入り込むことも否定できません。機材はご遺骨一体の作業ごとに分解・洗浄しておりますので、その際にご遺骨のほんの一部が流れてしまう可能性もございます。
なお、弊社ではご遺骨自体の水洗浄などは行っておりません。水洗浄などを行いますとご遺骨の大きな一部が流出してしまう可能性があるからです。
粉骨作業によるごくわずかな逸失はどうしても避けられませんが、できる限りご遺骨が失われることのないように配慮しておりますので、何卒ご理解ください。

Tags: 粉骨, 遺骨

ご遺骨には「六価クロム」という有害物質が含まれている場合があります。
「クロム」は錆びにくく安定している金属で、単体のクロムか化合物の「三価クロム」の形で地球の土中に広く存在しています。クロムや三価クロムは、水や湿気に対しても極めて安定しており無害です。人体にとっても必須元素であるためサプリメントなどに使われていることもあります。
一方、六価クロムは非常に強い酸化能力を持っており有機物と接触するとその有機物を酸化してしまいます。人体に対しては皮膚の炎症を引き起こしたり、癌の原因になることもあるのです。常温で気化することはありませんが、水に溶けやすいため注意が必要となります。六価クロム化合物の代表的なものは酸化剤やめっき等に使われるものです。また、かつては地盤強化剤と使用されていた時期があり土壌汚染の原因となりました。
焼骨に含まれる六価クロムの多くは、火葬場で柩を載せるステンレス製の架台に由来しているものと考えられます。架台をステンレス台からレンガ台に変更するなど火葬場側の対策が望まれますが現状では対策が進んでいるとは言えません。
このような実態を踏まえ、弊社では粉骨作業時に六価クロム検査試薬にて六価クロムの有無を確認し、六価クロムが検出された場合には無害化処理を標準で行うことにしています。これは、お客様の安全に配慮することはもちろん、弊社作業スタッフの安全を確保するためにも必要な工程だと考えております。したがって、この処理は標準作業として行い基本サービスの中に含まれています。この検査や処理に伴いお客様から追加の料金をいただくことはございません。


骨壺や骨箱などのご不要品については、弊社にて無料で処分させていただきます。処分の際にはお客様や故人様の個人情報が漏えいしないように十分に配慮させていただきますのでご安心ください。

Tag: 骨壺

粉骨作業においては、最初に目視にて異物の除去を行います。その際に貴金属類等の有価物がある場合はお客様に返却をさせていただきます。それ以外については弊社にて破棄をいたします。なお、目視にて確認できない程度に小さい異物に関しましては、結果的にご遺骨とともに粉砕することとなります。ご了承ください。

Tags: 粉骨, 遺骨

お申込みについて

ご遺骨の弊社へのご送付は、サービス料金お振込みの後で弊社からお届けする「送骨キット」にてお送りいただく場合のみお受け取りいたします。
「送骨キット」以外を使ってのご送付に関しましてはお受け取りできませんのでご了承ください。
また、送骨していただく住所は、弊社本社住所とは異なります。本社にお送りいただいてもお受け取りできませんのでご了承ください。送骨先の住所は、セキュリティの関係上お申込みいただいたお客様にのみ、「送骨キット」とともにお知らせしております。

まず、埋葬許可証とは、火葬許可証に火葬場の印が押されたもののことを指します。火葬許可証と埋葬許可証という別個の書類があるのではなく、火葬許可証に火葬場の印が押されることによって埋葬許可証になるということです。
埋葬許可証は、通常は骨壺と骨箱の間に入っていますので今一度探してみてください。見つからない場合は市町村役場にて再発行が可能な場合がありますので、お問い合わせください。
それでもお困りの場合は弊社にご相談ください。

お申込みフォームを送信していただいても、サービス料金のお支払い前であればキャンセルしていただけます。この場合キャンセル料は必要ございません。
ただし、サービスの性質上、サービス料金お支払い後は一定のキャンセル料がかかる場合がございます。
また、粉骨や散骨などについてはその性質上、実施後のキャンセルはできませんので、慎重にお申込みいただきますようお願い申し上げます。
キャンセルに関する詳細は、各サービス内容・料金・ご利用方法に関するページに記載してありますのでご一読ください(サービス内容・料金・ご利用方法)。

Tags: 粉骨, 散骨

送骨・料金・お支払等について

お支払い方法は銀行振り込みのみとさせていただいております。なお、振込手数料はお客様にてご負担をお願いいたします。

Tags: 粉骨, 散骨

お客さまへの「送骨キット」のお届け、粉骨後のご遺骨のお届けなどに関しての送料は、すべて弊社が負担いたします。お客様に送料をご負担いただくことはございません。梱包用のダンボールや梱包材などもお送りいたしますので、サービス料金以外に必要となるものはございません。
なお、サービス料金以外にお客様にご負担いただくものとしては、料金お支払い時の銀行振込手数料がございますのでご了承ください。

Tags: 粉骨, 散骨

粉骨を行う際、ご遺骨に水分が含まれているときれいに粉骨が行えず、また粉骨後のご遺骨の劣化を早めることになってしまいます。そのため弊社では標準でご遺骨の乾燥処理を行っており、基本サービス料金の中で行っております。
ただし、お手元での保管ではなく、ご遺骨がお墓に埋葬されていたような場合には、ご遺骨に多量の水分が含まれているため、長時間にわたる乾燥処理が必要となります。この処理には特別な機材と時間、光熱費等がかかりますので、お客様に別途乾燥料金のご負担をお願いしております。極力お客様のご負担を減らせるように、乾燥料金も安価に設定しておりますので、何卒ご理解のほどをお願いいたします。

Tags: 粉骨, 散骨

サービス料金のお支払い方法は銀行振込のみとさせていただいておりますので、通常は金融機関発行の振込控をもって領収書に代えさせていただいております。
別途領収証の発行をご希望の場合にはお申し付けください。その場合、但書に「振込にて領収」の記載をいたします。

Tags: 粉骨, 散骨

その他

火葬場では非常に高温で焼骨となるため、火葬直後のご遺骨はほぼ無菌状態でカビの胞子なども存在しません。ただ、カビは酸素と湿気があれば簡単に生えるものですのでその後の保管状態によってはカビが生えてしまいます。ご遺骨にはカビの栄養となるような成分はないのですが、直接触れたり、骨壺を開けたりするとその際にカビの栄養となるような成分が付着することがあので注意が必要です。
ご遺骨の保管場所は湿気の少ない風通しの良い場所で、直射日光が当たらない場所が良いでしょう。室内で結露しやすい場所やカビが生えやすい場所がわかっている場合はそのような場所を避けるのが無難です。
粉末化したご遺骨も同じですが、粉末化すると粒子の間に湿気が入りやすいことは否定できません。そこで、カビが成長できないように酸素と湿気を遮断した状態で保管するのが良いでしょう。弊社の粉骨サービスでは粉末後のご遺骨をUV殺菌処理後、真空パックにしてお手元にお届けしています。真空パックを破かなければ安定した状態で長期保管できます。

Category: FAQ-その他

弊社で粉骨させていただいたご遺骨をお手元にお届けした後に、お客様が海洋散骨代行を依頼したくなった場合には、特別価格にて散骨代行を承ります。詳しくはお問い合わせください。

Category: FAQ-その他
Tags: 粉骨, 散骨

弊社のサービスにおいて、ご遺骨は日本郵便のゆうパックでやりとりさせていただいております(現在ご遺骨の配送に対応しているのは日本郵便のゆうパックだけです。他の宅配便業者等は運送約款上ご遺骨の荷受けは拒否されます)。
荷物の大きさや品名としてご遺骨と記載させていただくことなどから、郵便事故が起きる可能性は極めて低いと思われます。もっとも、大規模災害その他の事情によってご遺骨が紛失される可能性がゼロとまではいえません。ゆうパックでは万一の場合30万円までの実損害が補償されますが、ご遺骨の財産的価値を計算することは難しく補償額は期待できないであろうことはご承知おきください。
なお、弊社では郵便事故に関する責任は一切負いかねますので、あらかじめご了承ください。

Category: FAQ-その他
Tag: 遺骨

現在のところ、日本国外からのご遺骨の発送および日本国外への粉骨後のご遺骨発送は承っておりません。お客様からのご遺骨発送住所および弊社からのご遺骨発送先ともに日本国内である場合のみ対応しております。何卒ご了承ください。

Category: FAQ-その他
Tag: 遺骨

弊社の行う「粉骨サービス」「ペット粉骨サービス」の基本サービス内容には、ご遺骨の六価クロム含有検査、含まれていた場合の無害化処理、ご遺骨の標準的な乾燥作業(注)、粉骨後のUV殺菌作業が含まれています。また、粉骨後のご遺骨は真空パックでお届けいたします。したがって、パックの破損等のない状態で保管すれば、カビなどの発生を長期間防げるはずで、概ね7~10年程度は変質せずに保管できると思います。もっとも保管期間の補償は致しかねますので何卒ご了承ください。ご心配な場合は、5年に1度程度ご遺骨の滅菌と真空パックをご依頼ください。
(注)基本サービス内容として粉骨作業前のご遺骨乾燥作業が含まれておりますが、ご遺骨の保管状態(土中に埋葬されていた場合など)によっては別途特別に乾燥料金のお支払いをお願いする場合がございます。詳しくは、「粉骨サービス内容・料金・ご利用方法」「ペット粉骨サービス内容・料金・ご利用方法」の「乾燥料金について」の項目をご確認ください。

Category: FAQ-その他
Tags: 粉骨, 遺骨