散骨は違法ではありませんか?

結論から言うと、現在の法制度の下では、散骨は違法でも合法でもない状況です。問題となる法律は、「刑法」の死体損壊罪(遺骨遺棄罪)と「墓地、埋葬等に関する法律」ですが、法務省も厚生労働省も、節度をもって行われる葬送としての散骨を違法として取り締まるという姿勢は示していません。実際、多くの方が散骨を行っており、有名人の中にも散骨によって送られた方々が多くおられます。
大切なことは、法律が保護している「国民の宗教感情や死者への敬虔感情」や「公衆衛生」に反しない節度のある方法で散骨を行うことです。また、法律に反しないとしても、散骨場所周辺に暮らす人々の感情、自然環境などにも十分配慮する必要があるでしょう。また、他人が権利を有する土地で勝手に散骨を行うと民事上の損害賠償を追及される可能性もあることには注意が必要です。さらに、各自治体が散骨に関して独自の規制を行っている場合もあるので、散骨実施場所のある自治体には事前に問い合わせて確認をしましょう。
弊社が行う海洋散骨代行サービスでは、法律の趣旨に従い、また他の人々に影響を与えないように、散骨を行う際の基準を設け、節度を持った方法で散骨を行っておりますのでご安心ください。
尚、散骨に関係する法律知識や条例に関する詳しい解説は、「散骨をする前におさえておくべき法律や条例の知識」をご覧ください。

誰もが安価に選択できる葬送の方法を模索中です。また法律・条例や社会的ルールが向かうべき方向についても日々勉強しています。